加齢臭

加齢臭の原因は『ノネナール』という成分によるもの

男女関係なく40代から50代では、加齢臭が発生しやすくなります。この加齢臭の原因となるのが『ノネナール』という成分です。ノネナールの発生メカニズムは、皮脂腺から分泌される皮脂(肌の潤いを保つためのもの)に含まれる「パルミトレイン酸」や「バクセン酸」などの不飽和脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、皮膚の常在菌が作用して酸化・分解することにより発生するという流れになります。このノネナールが発生しやすい場所としては、背中や耳の後ろ、後頭部、腋、胸などです。

ノネナールの発生原因である過酸化脂質は、活性酸素によって生み出されます。活性酸素は体内の不飽和脂肪酸と結びつくことで、過酸化脂質を作り出しているのです。この活性酸素が発生する原因は、過剰なストレスや過度な運動、喫煙といわれています。

参考:加齢臭 対策ランキング

また女性の場合だと、女性ホルモンの働きで皮脂の過剰分泌が抑制されていますが、歳と共に女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの働きが優位になり、皮脂分泌が促進されます。それがノネナールを生み出す原因ともいえるのです。

『ノネナール』が発見されたキッカケは?

加齢臭の原因が『ノネナール』だと突き止めたのは、大手化粧品メーカーの研究員達です。彼らは、実験で20代~70代の男女の衣類に付着した成分を分析し、その結果40代以降の人から検出されたのがノネナールだったのです。若い世代からはノネナールが検出されなかったということもあり、原因物質として特定されました。

加齢臭の原因を知れば対策できる!

今回は、加齢臭の原因である『ノネナール』の解説と発見されたキッカケを紹介しました。最近では、テレビ等でも加齢臭の対策方法などが紹介されていますが、それらは原因を突き止めた人達の功績であるともいえます。また、原因や発生メカニズムを知ることで、実際に加齢臭対策をする時も納得して行えるはずです。加齢臭は生理的な現象の一つですが、きちんと知識を付けて対策方法を知れば、対応可能な存在なのです。

ノネナールの対策としては石鹸を使ったケアが最も効果的だと思います。
特にポリフェノールを使った石鹸としてサントリーのプラスデオは加齢臭に効果的です。